2006年01月16日

スポーツとメンタル

娘は毎週、近くに住む義妹に温水プールに連れて行ってもらいます。先週は義妹の都合が悪かったので私が代わりに連れて行くことにしました。

水泳のコーチを勤めていた経験もある義妹のおかげで娘はプールが大好きで、足の全く届かない25Mプールにも平気で入っていきます。こちらが体を支えてあげれば、ビート板を抱え、バシャバシャと派手な水しぶきを上げながら進んでゆきます。

プールの中程まで進んだ頃、私は、『この調子なら、手を添えていなくても大丈夫なのではないか』と思い、お腹のあたりにあてがっていた手をソォっと離しました。案の定、手を離されたことに気付かない娘は、スゴイスゴイ、そのまま一人で泳いでいきます。

ところが、ビート版の間から顔を上げて息継ぎをした瞬間、私が手を添えていないことに気付いたようで、いきなりパニックに陥ってしまいました。

続きを読む
posted by oxeye at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。