2006年02月24日

痒しみ ?

散歩中に娘が突然、立ち止まり、「ちょと待って。わたし、カユシミなんだから」と言いました。見ると背中をポリポリと掻いています。あぁ、背中が痒いんだね。それなら『かゆい』と言えばいいんだよと説明すると、「ちがうちがう」と諭されてしまいました。

「お腹が痛いのは『くるしみ』でしょう。涙が出るのは『かなしみ』。だから、痒いときには『かゆしみ』じゃない」。なるほど。それなりに説得力があるような、ないような。というより、だれに似たのか、5歳にして結構、理屈っぽい娘です。

で、散歩はその後、二人で思いつくだけの「〜しみ」を探して歩いたのでした(もっとも、途中で「おさしみ」が登場したことで、それからは『寿司ネタ』へと話題が転換してしまったのですが)。
posted by oxeye at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。