2006年05月07日

将棋

振り返ってみますと、結局、ゴールデンウィークらしい過ごし方をしたのは木曜日(4日)に友人と河原でバーベキューをしたくらいのものでした(まぁ、元々がのんびりとした田舎暮らしですので、毎日が連休みたいなものなのですが)。

一通りお腹が満たされた後、河原に敷いたピクニックシートに座り、友人と将棋を指しました。恐らく中学生以来ではないかと思いますから、久しぶりもいいところです。当然、守りや攻めの型などを覚えていようはずもありませんでしたが、相手も似たり寄ったりのヘボ将棋でしたので、それなりに楽しめました。

缶ビール片手のお遊びとは言っても、そこは勝負事。それなりに力も入ります。思わぬ一手に『待った』をかけたくなったり、心ならずも相手のミスを願ったりもしてしまいます。やっぱりどこか、勝ちたいんですね。


いい歳して必死になっているそんな自分を岡目八目で端から眺めているうちに、羽生名人の言葉を思い出しました。彼は対戦相手が好調だと、自分のやる気を引き出してくれると言います。「相手はやる気も、波も常に最高。そういう勢いのある人と対戦していると、そのときは大変でも、それをきっかけに自分の調子が上向きになったりするのだ。気持ちが前向きになると、調子も変わってくる。恵まれているなと思っている」。(決断力 - 106ページ)

較べるべくもありませんが、頂点を極めた人はさすがに違います。相手の好調さをも自分の武器にしてしまう。これでは適いません。
posted by oxeye at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | outing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。