2006年05月17日

アリンコ研究所

昨日は料理のほかに、娘とアリンコ研究所の制作(?)で大いに盛り上がりました。単体で販売されている科学実験のキットですが、アリが巣を作る様子をインテリアとして観察することができます。

思いのほか大変だったのはアリの確保。ちょっと外へ出ればアリの巣が無数にある田舎ですからタカをくくっていたのですが、取り説によると、手で捕まえると弱ってしまうので、紙の上に砂糖をまいてアリが何匹か集まったところをそのまま捕獲するようにと提案されています。ところが...

続きを読む
posted by oxeye at 23:37| Comment(26) | TrackBack(2) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

子供用の包丁

「切る」という行為はどこか特別なのでしょうか、子供は料理を手伝うようになると、包丁を使いたがります。うちには大人用の普通の包丁しかなく、五歳の娘にはさすがに手に余るので、少し小さめの包丁を買うことにしました。

最近は子供専用の包丁も出ていて、刃先を丸めるなど安全にも配慮されているようですが、今回うちが購入したのは、小振りではあるもののごく普通の包丁です。

包丁に限りませんが、なんでもかんでも『子供用』として無害化してしまうより、危ないものは危ないものとして親子双方が慎重に取り扱うようにしたほうが、本当の意味での安全教育なのではないでしょうか。
posted by oxeye at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

両手でピアノ

娘が初めて、両手でピアノを弾けるようになりました。録音されているのを意識してか、ちょっと緊張気味...

posted by oxeye at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

あこがれ ?

妻と娘が数日間、妻の実家に出かけました。いつもは私も同行するのですが、昨年からシープがいるので今回は犬と留守番です。

駅へ向かう車の中で、助手席の娘は運転する私に向かって「これでパパと『あこがれ』だね」と言いました。え? パパとあこがれ? すると妻がすかさず後部座席から、「それはね、『おわかれ』って言うのよ」と訂正。な〜んだ、単なる言いまつがいだったんだね。

いつの日か娘が大きくなって、「あこがれ」と「おわかれ」を正しく使い分けられるようになった時、今度は言い間違いではなく「あこがれ」と言われるようでありたいと思いました。
posted by oxeye at 23:39| Comment(0) | TrackBack(1) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

痒しみ ?

散歩中に娘が突然、立ち止まり、「ちょと待って。わたし、カユシミなんだから」と言いました。見ると背中をポリポリと掻いています。あぁ、背中が痒いんだね。それなら『かゆい』と言えばいいんだよと説明すると、「ちがうちがう」と諭されてしまいました。

「お腹が痛いのは『くるしみ』でしょう。涙が出るのは『かなしみ』。だから、痒いときには『かゆしみ』じゃない」。なるほど。それなりに説得力があるような、ないような。というより、だれに似たのか、5歳にして結構、理屈っぽい娘です。

で、散歩はその後、二人で思いつくだけの「〜しみ」を探して歩いたのでした(もっとも、途中で「おさしみ」が登場したことで、それからは『寿司ネタ』へと話題が転換してしまったのですが)。
posted by oxeye at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

初パーマ

今日は散髪に行ってきました。いつも娘と一緒です。これはまだ娘が歩くこともできない、一歳前後からの習慣ではないかと思います。ここの散髪屋のおばさんにはいつも大変よくしていただいているのですが、今日も思いがけず、娘がパーマをかけてもらいました。

ここのところ娘は、本人の希望もあって髪の毛を伸ばし始めているのですが、そのせいで前髪がうるさく感じられるようだと説明したところ、『それじゃあ、前髪だけでも軽くウェーブさせてみましょうか』ということに。最初のうちこそ、

パーマ液の強い臭いに顔をしかめていた娘

yd1.jpg

でしたが、大人のような扱いをされることが余程、うれしかったのでしょう、自然と顔がほころんでいきます。あいにく携帯カメラしか持ち合わせていなかったので、あまり写りは良くない(なにしろ、いまどき珍しい35万画素)ですが、「初パーマ記念」ということで、経過を撮ってきました。

その後の様子を見る
posted by oxeye at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

ラーメンのスープ

妻が出かけている間に、たまには昼食を準備しようと思い立ち、男子厨房に入ってまいりました。冷蔵庫を開けてみると、野菜のほか、三食パックのラーメンの麺だけが二食分残っていましたので、これでいこうと決定。スープの袋が見当たりませんでしたので、これは自作することにします。

「ラーメン 作り方」で検索すると、ラーメンのレシピがあるわあるわ、あり過ぎてどれにするかが決まりません。もっとも今回は、お店顔負けの本格スープに挑戦するわけでもなく、ただ麺の入った袋にスープが残っていなかったから仕方なく手造りするという非常に消極的な理由に過ぎないので、『鶏ガラからダシを取って数時間〜』などと手間のかかることをするつもりも時間も、ありません。

というわけで、中でも一番お手軽なレシピを選んでみることにしました。

続きを読む
posted by oxeye at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

早口言葉

娘は車に乗ると、たいていは歌を歌っているか何か食べているかなのですが、最近は語彙が急速に増していることもあってか言葉に対する関心が高いようで、この間、車中で幾つかの早口言葉を教えましたら、大いに興味を示しました。

得意なのは、「赤巻紙 青巻紙 黄巻紙」、「隣の客はよく柿食う客だ」の二つで、「赤巻紙・・・」のほうは、教えもしないのに紙の色の順番をシャッフルしたオリジナルバージョンを披露するなど、余裕すら見せています。「巻紙」のなんたるかが分かっていないのに、我が娘ながら大したものだと思います。

反対に苦手なのは、「バスガス爆発」、「東京特許許可局」で、この二つは何度練習しても、ダメなようでした。文章の長さはむしろ前述の二つよりも短いし、「バスガス爆発」などは文意も取れているでしょうに、なぜ言えないのか。父親としては気になるぞ。

で、ちょっと調べてみましたら、この二つを言い難いと思っているのは、どうもうちの娘だけではないようです。

続きを読む
posted by oxeye at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

擬人化

本好きの親の影響か、子供は皆そうなのか、娘は絵本が大好きです。購入することもないわけではありませんが、親が良かれと思って選んだものを本人が必ずしも気に入るわけではありませんし、たとえ気に入った本でもどんどん成長して好みが変化していくので、こちらの経済力が追い付きません (絵本は結構、高いです)。

といわけで、よく図書館のお世話になっています。最近では娘が自分で文字を読めるようになったこともあり、私が一般書コーナーで本を選んでいる間、児童書コーナーのテーブルにお気に入りの絵本をうず高く積み上げ、小さな椅子に座って一人ブツブツと読んでいます。

で、なにを読んでいるのかと見てみると、大抵は以前に借りたことのある、お気に入りの絵本ばかり。常に目新しい情報を求めて本を読む大人とは、子供は違う価値基準で本を選ぶようですね。

続きを読む
posted by oxeye at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

口ぐせ

最近、日増しに語彙が豊富になってきた娘は、口ぐせもしぐさも私たち両親にそっくりになってきました。一人で静かにごっこ遊びなどをしていると、私と妻が娘を褒めたり叱ったりする口調そのままで、おかしいやら恥ずかしいやら。

今日も一日の終わりに、さてブログに何を書こうと一階の書斎にあるパソコンに向かって腕組みをしていたところ、トイレに行くのでしょうか、寝ていたはずの娘が2階からトントンと降りてきて私の部屋の前を横切りながら、「もう遅いわよ。体に悪いから早くお休みなさい」と、母親そっくりの口調で諭していきました。

確かにそうですね。忠告に従って、たまには早く休むことにしますよ。
posted by oxeye at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

スポーツとメンタル

娘は毎週、近くに住む義妹に温水プールに連れて行ってもらいます。先週は義妹の都合が悪かったので私が代わりに連れて行くことにしました。

水泳のコーチを勤めていた経験もある義妹のおかげで娘はプールが大好きで、足の全く届かない25Mプールにも平気で入っていきます。こちらが体を支えてあげれば、ビート板を抱え、バシャバシャと派手な水しぶきを上げながら進んでゆきます。

プールの中程まで進んだ頃、私は、『この調子なら、手を添えていなくても大丈夫なのではないか』と思い、お腹のあたりにあてがっていた手をソォっと離しました。案の定、手を離されたことに気付かない娘は、スゴイスゴイ、そのまま一人で泳いでいきます。

ところが、ビート版の間から顔を上げて息継ぎをした瞬間、私が手を添えていないことに気付いたようで、いきなりパニックに陥ってしまいました。

続きを読む
posted by oxeye at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

過干渉

今日は娘とホットケーキを作りました。と言っても、妻が台所で昼食を準備している間、居間のストーブの上に置いたフライパンに娘がホットケーキのもとを流し込むのを見守るだけのことですが。

ダルマストーブではフライパンがホットケーキを焼く適温になるまでに時間がかかります。お玉を片手に今か今かと待っている娘をなだめて、ようやくフライパンに油が回り、『そろそろいいかな』という温度に達したところで、娘にGOサインを出したものの、その手つきは危なっかしくて見ていられません。

ついつい「あ〜、そんなんじゃ、こぼす、こぼす。ちょっとパパにやらせてごらん」と、娘からお玉を奪うと、フライパンにホットケーキのもとを丸く流し込んでしまいました。

続きを読む
posted by oxeye at 23:56| Comment(1) | TrackBack(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

テントウムシ ?

田舎暮らしの利点の一つは、犬や子供を連れて歩ける散歩コースが豊富なところです。我が家の裏手には大きな川が流れていて、川沿いには落ち葉の残る林とそれに続く芝生のグラウンドがあります。

平日には誰もいないことが多いため、林に着くやシープのリードを外し、そのまま娘と一緒にグラウンドを思う存分、駆けずり回るのが日課なのですが、今日は休日だったせいか、珍しく草野球が行われていました。

で、仕方なく、草野球のボールが飛んできそうもないグラウンドの端で遊ぶことにしたのですが、怪我の功名、これが以外と当たりだったのです。

続きを読む
posted by oxeye at 10:08| Comment(2) | TrackBack(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

イザカヤ ?

ホルモン王 ? を読んだ私の弟、つまり、娘にとっての叔父さんから早速、「そういえばこの間、イザヤのことを イザカヤ って読んでたよ」との知らせを受けました。

う〜む、娘はどうもカタカナに弱いのか。

それにしても、この歳(4才)にしてどうしてオヤジ系の勘違いばかりなのでしょう (ちなみに娘とはまだ居酒屋に行ったことはありません、念のため)。
posted by oxeye at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

ホルモン王 ?

三週間ほど前、2005年12月の中旬でしたか、娘(4歳)に、聖書に出てくるソロモン王には700人の王妃(+300人のそばめ)がいたことを説明しました(列王記上11章3節)。

そのときは『ふ〜ん』と、事の重大さを理解しているのかどうか曖昧な返事をしていただけなのですが、それからしばらくして、何をどう勘違いしたか、「ママがいっぱいいる王様ってだれだっけ? ホルモン?...」

それ、焼肉屋さんで覚えたんだったね。でもたぶん、王様の名前ではないと思うよ。
posted by oxeye at 14:38| Comment(3) | TrackBack(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。