2006年05月07日

将棋

振り返ってみますと、結局、ゴールデンウィークらしい過ごし方をしたのは木曜日(4日)に友人と河原でバーベキューをしたくらいのものでした(まぁ、元々がのんびりとした田舎暮らしですので、毎日が連休みたいなものなのですが)。

一通りお腹が満たされた後、河原に敷いたピクニックシートに座り、友人と将棋を指しました。恐らく中学生以来ではないかと思いますから、久しぶりもいいところです。当然、守りや攻めの型などを覚えていようはずもありませんでしたが、相手も似たり寄ったりのヘボ将棋でしたので、それなりに楽しめました。

缶ビール片手のお遊びとは言っても、そこは勝負事。それなりに力も入ります。思わぬ一手に『待った』をかけたくなったり、心ならずも相手のミスを願ったりもしてしまいます。やっぱりどこか、勝ちたいんですね。

続きを読む
posted by oxeye at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | outing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

仮説

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 」を読みました。99.9%の常識(と言っても、特に科学の分野に特化されています)が実は仮説に過ぎないという考えを分かり易く説明してある本で、サラっと読めました。

例えば、物理的な時間の進み方が違う世界があるとする相対性理論についても、「自分がおいしいと思っているラーメン屋に友達を連れていったのに『まあまあだ』といわれること」に譬え、だから「人間の数だけ味覚があるように、人間の数だけ時間がある」と。なるほど、自分の常識も他の人からみれば単なる仮説に過ぎない、ということですね。

続きを読む
posted by oxeye at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

適正サイズ

履いているテニスシューズが随分と傷んできので買い替えを考えていたところ、自分に合ったサイズの靴、特にスポーツシューズを選ぶ方法について興味深い記事を見つけました。

なんと「革靴やカジュアル靴の業界とスポーツ業界では異なるサイズ基準を採用している」とのこと。「革靴やカジュアルシューズの業界では伝統的にその靴に合う足の実寸を表示しているのに対し、スポーツシューズでは靴の内側の全長を表示してい」るため、「つま先の空間部分の長さだけ双方の表示サイズに差が出る」というのです。

続きを読む
posted by oxeye at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

ピアノトリオ

新聞の評につられて塩谷哲のソロデビュー後のアルバムを8枚(!)まとめ聞き。四十を超えた身には若さと才能がほとばしる初期の作品はちょっと堪えました。アコースティックなピアノトリオによる、その名も「トリオっ!」くらいがちょうどいいです。
posted by oxeye at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

何を食べないか

「40歳からの元気食『何を食べないか』」を読みました。お察しの通り、年齢を特定したタイトルにつられてのことですが、値段の割りに読み応えのある良著でした。

太り気味だからといってご飯を減らす、十分に食べていながらサプリメントに頼る、体に良い食べ物が特集されるとそれ一辺倒のダイエットに走るといった現代の食生活がいかに間違っているかが、病院に勤務する管理栄養士の視点から豊富な事例をもとに説明されています。食生活に全く無頓着なのも問題ですが、なまじ気をつけていても偏った知識に基づく『生兵法で怪我』をしている人が多いこと。どうやら私もその予備軍でした。

健康のために「何を食べるか」に関する情報は巷にあふれていますが、「何を食べないか」は、意外と語られていません。「最近、体調がどうも」と感じる人には、世代を問わずにお勧めします。
posted by oxeye at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

カレー

今日は娘とカレーを作りました。男の料理は半分、趣味のようなものですから、市販のカレールウも使用するものの、赤ワインで肉をコトコト煮たり、すりおろしたリンゴで即席チャツネを作って味を調えたりと、それなりに時間をかけて作りましたが、出来上がってみると意外と普通の味(涙)。まぁ、一晩寝かせれば風味も増して美味しくなるのではないかと自分を慰めています。

ただ、味のほうはともかく、料理を作る過程を娘と楽しめたのは、収穫でした。まだまだ危なっかしい手つきではありますが、一人前に包丁を使って野菜の下ごしらえもすれば、肉を炒める中華鍋の火の番もするなど、娘も手もととしてはなかなかの働き振りです。

今後は(今日のような雨降りの日は特に)、娘との時間の過ごし方に「料理」というレパートリーが加わりそうです。
posted by oxeye at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | recipe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

外国人派遣

外国人の紹介・派遣に乗り出す人材会社が相次いでいるようです(日経 2006/5/1)。例えば、求人サイト運営のディップは昨年から在日外国人向け情報サイトに外国人を対象とした求人情報の掲載を始めており、リクルートは先月から、在日外国人留学生の採用に積極的な企業の求人サイトを開設しています。

背景には労働力人口の減少により日本人だけでは日本の求人を十分に満たせず、人手不足の解消を求める企業の動きが顕著になってきたことがあるようですが、それだけではなく『異なる価値観をもった人材を採用することで会社の活性化を図りたい』との思惑から敢えて外国人を登用する例もあるようです。

確かに日本人同士の暗黙の了解が通用しない外国人と接していると、これまで『常識』だと信じて疑わなかったことが、実は全然そうでないことに気付かされたりするなど、自分を客観的に見る機会になることがあります。いろいろな価値観に触れることは、会社に限らず個人にとっても、きっと良いことなのですね。
posted by oxeye at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

ご無沙汰

桜の開花予想などでお茶を濁していましたら、すっかり休み癖が付いてしまい、気がつけば今日で四月も終わりです。そんな折、私の拙いブログを読んでくださっている何人かの読者と直接お会いする機会があり、男が一度決めたことを少々のことで挫折するとは何事、と、冗談交じりに渇を入れられてしまいました。

確かにそうですね。心を入れ替え、このゴールデンウィーク中にペースを取り戻して書いていきたいと思います。面と向かってお叱りを受けたのは、しかし気持ちの良い経験でした。オンラインがどんなに便利になったとしても、やはり人と人とが顔を合わせて会う価値には代え難いものです。

"I had many things to write you, yet I do not wish to go on writing you with ink and pen. But I am hoping to see you directly, and we shall speak face to face. . ." 3 John 13, 14
posted by oxeye at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

咲きました

0403a.jpg

ここのところ続いた雨と寒さの合間の、久しぶりの青空とのコントラストが、きれいです。
木の全体を見る
posted by oxeye at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | outing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

ようやく...

sakura6.jpg
posted by oxeye at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | outing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。